HOME > 九大物理 > 部門長あいさつ

部門長あいさつ

 九州大学の物理学科は、1939年(昭和14年)に理学部発足と同時に創立されました。物理学科内には、物理学コースと情報理学コースの2つのコースがありますが、このサイトは物理学コースを担当している物理学部門の公式ホームページです。

 物理学部門には現在約40名の教員が在籍し、15の研究グループに分かれて、素粒子物理、原子核物理、宇宙物理などの基礎粒子系分野から、電子・光などの量子系、及び柔らかい物質群を対象とした複雑系物性物理、また生物物理などの新領域分野まで、物理学全般を網羅した分野の研究と教育を実施しています。各研究分野の詳細は、「研究室一覧」のページをご覧下さい。

 物理学は、ニュートン力学に始まり、熱力学、統計力学、電磁気学の発展、構築により19世紀後半にはほぼ完成したと考えられていました。ところが20世紀に入り、これらの枠組みでは説明できない物理現象を理解するために提唱された相対性理論や量子力学といった新しい理論により、それまでの自然観は大きな変革を余儀なくされました。これらの理論は人類の自然認識を根底から変えただけでなく、現代の科学技術の基礎をなし、現代社会の我々の生活を支えています。また、本質を捉えた少数の原理によって多様な現象を説明、理解するという物理学のセンスは、工学、化学、生物学、経済学などの他の学問分野の研究対象と思われていたものにも次々に適用されて目覚ましい成果を挙げており、物理学の地平はますます広がっています。

 このような最先端の物理研究を行うためには、基礎的な物理学をしっかりと勉強しておく必要があります。我々物理学科では、古典力学や電磁気学、相対性理論、量子力学、統計力学などの基礎的な学問分野をしっかりと学習・習得した上で、専門的な研究へと進んでいきます。このような教育・研究により、原理に立ち返って物事を理解する訓練を積み重ね、科学的な思考法を身に付けていきます。また、どのような分野においても、コミュニケーション能力の重要性は言うまでもありません。物理学科では、実験や演習、ゼミナール等を通して協力しあって問題を解決する能力、プレゼンテーションの能力などを養います。これら一連の教育で得た経験は、どのような道に進もうとも役立つものです。ここで得た知見、経験を自然界の謎の解明や技術革新の研究で活かすことで、他分野の人々とも協力して様々な貢献を人類、社会にして頂きたいと思います。

 さて、80年近い歴史を持つ九大物理は、これまでたくさんの著名な研究者が在籍され、また多くの卒業生を輩出しています。「卒業後のわたし」のページでは、九大物理を卒業後、世界で活躍されている研究者の方々を紹介しています(ここで紹介しきれない方も多数おられます)。113番元素ニホニウムの命名権を獲得した森田浩介博士も九大物理の卒業生であり、現在、当物理学科の教授です。これらの先輩のご活躍に皆さんも刺激を受け、物理学の益々の発展に貢献して頂くことを期待しております。

 2015年10月、物理学科は80年近く活動を展開してきた箱崎キャンパスから伊都新キャンパスに移転しました。自然にあふれる静かな環境で学問に集中できるこの新しいキャンパスで、充実した大学生活を送るとともに、一緒に新しい九大物理の歴史を刻んでいきましょう。