木村(崇)教授らがマイクロ波を用いた熱スピン注入技術を開発しました。

山野井一人さん(日本学術振興会特別研究員)と木村(崇)教授らの研究グループは、マイクロ波を用いて、ワイヤレスで選択的にスピン流を生成する技術の開発に成功しました。詳しくはこちらです。

水野准教授らが内部の混み合い・掻きまぜの影響が生きた細胞と抽出液のちがいを生むことを解明しました。

水野准教授と西澤賢治さん(複雑物性基礎博士3年・日本学術振興会特別研究員)の研究グループは、生きた細胞と細胞から取り出された中身(細胞抽出液)の粘弾性を測定し、生きた細胞と細胞抽出液の違いを生み出す原因が、細胞内部の混み合った状態を掻きまぜる力にあることを明らかにしました。詳しくはこちらです。

水野准教授らが生きた細胞内部レオロジーを直接測定する手法を開発しました。

水野准教授の研究グループは、これまで困難であった生きた細胞内部のレオロジー的性質(硬さ、ねばっこさや、発生する力の大きさ)の測定を可能にしました。詳しくはこちらです。