水野准教授らが生きた細胞内部レオロジーを直接測定する手法を開発しました。

水野准教授の研究グループは、これまで困難であった生きた細胞内部のレオロジー的性質(硬さ、ねばっこさや、発生する力の大きさ)の測定を可能にしました。詳しくはこちらです。