お知らせ

坂上助教らがナノ世界のブルドーザー「ナノドーザー」システムを構築し、DNA分子の動態制御を初めて可能にしました。

坂上貴洋助教は、マギル大学(カナダ)のウォルター・ライスナー助教らのグループとの共同研究で、ナノメートルのスケールで働くブルドーザー「ナノドー ザー」を用いて、微細流路中に閉じ込めた長鎖DNA分子の動態を制御することを可能にしました。詳しくはこちらを御覧下さい。