お知らせ

小惑星「王貞治」誕生!

物理学部門・山岡助教を中心としたグループは、小惑星(61189)にプロ野球の福岡ソフトバンクホークス会長である王貞治さんを記念して"Ohsadaharu"と命名することを提案し、このほど国際天文学連合が発行する小惑星回報にて命名が公表されました。

MPC
小惑星の命名を伝える小惑星回報

この小惑星は、地球に衝突する危険がある小惑星を発見・追跡する活動を推進するNPO法人日本スペースガード協会(本部:東京)が運営する美星スペースガードセンター(岡山県井原市)で、2000年7月8日に発見されたものです。小惑星観測チームはBATTeRSという名称で、大打者の王貞治さんとの縁を感じます。小惑星は、数十分にわたって観測すると、背景の恒星の手前を移動して見えます(図2)。

orbit
図1 小惑星Ohsadaharuの軌道。NASA Horizons systemを利用して作成(拡大図)

既知の小惑星であれば、観測時刻にどの場所にあるかわかっているため、その予報に当てはまらない移動天体は新小惑星かもしれません。数年にわたって観測されると軌道が正確に決定でき、将来にわたって見失われない状態になると発見が確定します。

BATTeRSがこれまでに発見した小惑星は数百にのぼりますが、今回命名対象になった小惑星にはひとつの着目点があります。それは小惑星の発見が確定した段階で付される確定番号です。今回の小惑星の確定番号は61189で、王貞治さんがジャイアンツ時代につけていた背番号「1」、ホークスや日本代表監督としてつけていた背番号「89」がいずれも含まれています。いかにも王さんにふさわしい小惑星です。

この小惑星は、火星と木星の間にあるメインベルト(小惑星帯)の一員です(図1)。太陽を一回りするのに3年8ヶ月ほどかかります。太陽の光を反射することで明るく見えますが、その明るさから推定される直径は3キロメートルほどです。明るいときには17等級ほどになり、肉眼や望遠鏡を覗いて見つけるのは不可能ですが、大き目の望遠鏡を使えばその姿を撮影することも難しくはありません。movie2

(図2 小惑星Ohsadaharuの移動するようす。2015年11月3日、美星スペースガードセンターで撮影/日本スペースガード協会提供 movie)

 今回の命名は、山岡助教が主催する大人の科学サロン「サイエンスパブ」での議論から始まりました。昨年3月、福岡ゆかりの天体名をつけることはできないかと話題になり、王貞治さんの名前が上がりました。日本スペースガード協会から賛同をいただき、また7月には王さん本人からもご了承いただきました(写真1,2)。国際天文学連合で小惑星命名を統括する委員会に、発見者である日本スペースガード協会から9月に命名提案を送り、この2月に晴れて命名が公表されたという経緯になります。

王貞治さんは、「野球も不滅だけど、天文学はもっと不滅だよね」「ぼくの名前が付くことで、天文学に興味をもつ子どもたちが増えたらうれしい」とお話になっています。山岡助教も、天文学の広報・普及にさらに尽力したいと心新たにしています。

kaicho1 2 kaicho2 2

写真1(左) 王貞治さん(右)に小惑星の説明をする山岡助教(拡大)
写真2(右) 命名を了承してもらって記念撮影(拡大)