お知らせ

アジア初!「113番元素」の命名優先権が日本へ!!

平成27年12月31日(木)、国際純正・応用化学連合(IUPAC)より通知があり、日本に「113番元素」の命名優先権が与えられることが確定しました。

「113番元素」は物理学部門教授兼理化学研究所仁科加速器研究センターグループディレクターである森田浩介教授が、仁科加速器センターで長年実験してきた成果です。

DSCF3458

箱崎、タンデム実験室にて(移転とともに閉室になりました)

森田教授の研究グループは原子番号83のビスマスの標的に原子番号30の亜鉛のビームを照射し、核融合反応によって合成される113番元素を合成しました。合成された超重元素は分離収集され、その崩壊過程を綿密に観測することにより、113番元素が確かに合成されたことを確認しました。稀少な現象をとらえるため、超重元素を大効率で分離収集することができる分離器を開発し使用しました。報告された結果は国際機関によって新元素と認定され、研究グループはアジアで初めての元素の命名権を得ました。

関連リンク
九州大学プレスリリース(PDF)
○日本で最も権威ある賞、日本学士院賞を受賞しました。

関連情報
○NHKサイエンスZEROに出演しました。