部門長より

物理学科にようこそ!

hashimoto

部門長 木村 崇

九州大学の物理学科は、1939年(昭和14年)に理学部発足と同時に創立されました。物理学科内には、物理学コースと情報理学コースの2つのコースがありますが、このサイトは、物理学コースを担当している物理学部門の公式ホームページです。

物理学部門には約40名の教員が在籍し、15の研究グループに分かれて、素粒子物理、原子核物理、などの基礎粒子系分野から宇宙物理、電子・光などの量子系、及び粉体・流体などの複雑系物性物理、また、生物物理などの新領域分野まで、物理学全般を網羅した様々な分野の研究・教育を実施しています。各研究分野の詳細は、研究室一覧のページにてご確認ください。

物理学は、ニュートン力学に始まり、熱力学・統計力学、電磁気学と発展し、ほぼ完成したと考えられていました。ところが20世紀に入り、相対性理論や量子力学などの現代物理学が急速な進歩を遂げ、前述の古典物理学を土台とした自然観は大きな変革をもたらしました。これら一連の物理学の発展により得られた成果は、数多くの産業における基盤技術として活用され、現代社会の隅々まで及んで私たちの生活を支えています。一方で、自然界には未解明、未発見の現象も数多く残されています。むしろ、ほとんどが解明されていないと言っても過言ではありません。これらを解決するべく、物理学は現在も進歩し続けています。このような最新物理分野の研究を行うためには、基礎物理学をしっかりと理解する必要があります。このことは科学が連続的に発展してきていることを意味しています。そのため物理学科では、古典力学や電磁気学、相対性理論、量子力学、統計力学などの基礎的な学問分野をしっかりと学習・習得した後で、専門的な研究分野へと進んでいきます。このような教育・研究により、原理にたちかえって物事を理解する訓練を積み重ね、科学的な思考法を身につけていきます。また、どのような分野においても、コミュニケーション能力は重要です。物理学科では、実験や演習、ゼミナール等を通してチームワーク力や人前で説明できる能力等を養います。また、様々な修学支援制度も準備しており、我々教員は、皆さんが充実した大学生活が送れるよう情熱的に教育・指導していきます。これら一連の教育で得た経験は、どのような道に進もうと将来出くわすであろう、様々な問題に立ち向かう場合にきっと役立つと思います。みなさんには、ここで得た知見を自然界の謎の解明や技術革新の研究で活かして頂き、他分野の方々とも協力しながら様々な貢献を人類に与えて頂ければと思います。

さて、80年近い歴史を持つ九大物理は、これまでたくさんの著名な研究者が運営に携わり、また、数多くの卒業生も輩出しています。『卒業後のわたし』のページには、九大物理を卒業した後、世界的に活躍されている研究者の方々を紹介しています(ここで紹介しきれない方も多数おられます)。同ページにも記載されていますが、113番元素の命名権を獲得した森田浩介博士は、九大物理の卒業生であり、現在、九大物理の実験核物理研究室の教授です。これらの先輩のご活躍に皆さんも感化され、物理学の益々の発展に貢献して頂くことを期待しております。

2015年10月、物理学科は80年近く活動を展開してきた箱崎キャンパスから、伊都新キャンパスに移転しました。都市の利便性と自然の癒しを融合したこの新キャンパスで、一緒に新しい九大物理の歴史を刻んでいきましょう。