ベストの入試方法を選ぼう

入試情報のページで紹介しているように、物理学科では、AO選抜、一般選抜・前期日程、一般選抜・後期日程、帰国子女特別選抜、3年次編入学の5通りの入学試験を行っています。ここでは、AO前期後期の3通りの入試についてその特色を説明します。「アドミッション・ポリシー」のページに「入学者選抜の基本方針」として3通りの入試の位置づけを説明しています。また、「入学者選抜情報」のページに試験の配点、過去の入試状況、詳しい資料の請求方法などの情報があります。 

出願・試験・合格発表の時期

b4_g_aAOの合格発表よりも、前期および後期の出願が先になっています。また、前期の合格発表よりも後期の出願が先になっています。九大物理を目指す場合には、AO前期後期の併願をしておけば、複数回の受験チャンスを利用することができます。

定員と倍率

過去3年間の倍率は次のようになっています。(倍率=受験者/合格者)

b4_g_b_h24

入試の内容

入試で問われる内容は次の図のようになっています。参考のため、物理率と理数率を算出しています。物理率はAO後期前期となっています。理数率はAO後期で8割、前期で6割となっています。それぞれの入試でためされる能力をひとことで表現すると、

AOでは物理力(物理の比重が高い)
前期では総合力(理数科目以外の比重も高い)
後期では基礎力(センター試験の比重が高い)

ということになります。

b4_g_c

 

  • AOの課題探求試験は、前期の個別学力検査における筆記試験と同様の、物理のみの筆記試験であり、入試情報のページで過去問を公開しています。
  • AO後期の面接の中で、物理の学力を問う場合には、基礎的な理解力が試されます。
  • 「物理率」は総配点に占める物理の割合です。面接においては、熱意や適性など学力以外の要素も問われますが、これらに対する配点も物理に含めて計算しています。
  • 「理数率」は総配点に占める理科と数学の合計の割合です。