トップページへ
サイエンスクェアQについて
キャンパス探検隊
ぶつリアン
研究発表
アインシュタインの宇宙
お知らせ






トップページへ
〈ぶつりアン〉もビックリ。
冥王星が惑星でなくなった! 世界中の天文学者が投票で決めたんだって。
投票に参加された山岡先生に お話しを伺いました。


投票会場の様子 2006年8月24日
「太陽系の惑星をこのように定義することに賛成の人」「はーい」の瞬間

 
第三話 「冥王星が惑星でなくなった日」の巻

2006年の夏、天文界最大の話題は、何と言っても、
「冥王星が惑星ではなくなった」という出来事でしょう。

冥王星発見から75年、惑星の名前を「水金地火木土天海冥」と憶えた私たちにとって、かなりインパクトの大きい一件でしたね。

このような、天文に関する国際的な決定を行なうのは、「国際天文学連合」という、天文学者が作る組織です。会員は全世界で1万人ほど、日本人は500人あまりです。3年ごとに総会が行なわれ、天文学における国際的な取り決めをします。今回の、太陽系に関する決議は、チェコのプラハで開かれた総会出席の天文学者の投票で決定されました。


投票用紙 これが
投票用紙だ
 

冥王星の望遠鏡画像 (NASA提供)

 



「準惑星」ってなんだ?

今回の決定では、火星と木星の間にあるケレスや、冥王星のように、重力で丸くなれるほど大きいが軌道近くに同種の別の天体が多数あるような天体は、「準惑星」と呼ばれることになりました。

ケレス近くの天体と、冥王星あたりの天体とでは、構成物質が違うので、この2者を分ける呼び方が、今後決められていくことになります。





「一家に1枚宇宙図」キャンペーン!

宇宙研究でわかった、たくさんのことを、1枚のポスターにまとめてみました。下記の通り、配布されます。みなさんの家でも飾ってください。「一家に1枚宇宙図」です。太陽系の惑星についても描かれています。

配布場所: 全国の博物館等の施設
配布期間: 2007年の科学技術週間(4/16〜22)

インターネットサイト http://stw.mext.go.jp/ からダウンロードすることもできます。また、全国の小中学校にも1枚ずつ配られる予定です。

各地でサイエンスカフェなどの催しも行われます。
私たちは、「サイエンスパブ」を企画しました。
ご来場いただければ幸いです。

(おわり)

第四話をおたのしみに ....           [第二話に戻る] 


共焦点レーザー顕微鏡
サイエンスパブ 未成年の方は保護者同伴でお越しください。

○宇宙のことをもっと調べてみよう。
宇宙物理グループのホームページ


ぶつリアン、集合